朱盃

純米酒に対する先代の思いが形になりました。

 戦中・戦後の米不足により、まだ日本で普通酒が全盛だった時代の中、先代は、昔造っていた日本酒(今の純米酒)をなんとか復活させたいという思いを絶やさずに持っていました。
そして昭和42年の酒造り。米が豊作だったというこの年に、先代は純米酒造りに着手しました。
その最初の純米酒の上槽を祝う席で、朱色の大盃を使ってお祝いをしたことから、千代の園では純米酒に【朱盃(しゅはい)】という名前をつけております。

表示順 : 
表示件数:1~5 / 5